ペットを飼っている方にお勧めする理由

keyvisual

ペットを飼っている方にお勧めする理由

ペットを飼っている方にはぜひ遺言書の作成をお勧めします。あなたの大切な家族でもあるペット。しかし、法律ではペットは人ではないので、遺産を相続することができないのです。どんなに大切な家族だと主張したところで、法律は認めてはくれません。では自分が死んだあと、この可愛いペットはどうなるのか、心配で仕方がないことでしょう。もちろん、最悪の場合、処分されてしまう恐れもあります。そこで、ペットを世話してくれる人に財産を残すという方法があります。そのためには、自分が死んだ後にペットを引き取ってくれる人を探しておくことが必要です。家族がいるのならば家族に、親しい友人がいるのならその人に、さっそく相談してみましょう。そんな人もいないとおっしゃるかたは、信頼できそうな団体を探すのもいいでしょう。そうしてペットを世話してくれる人が見つかれば、その人を財産の相続人として、遺言書を作成することができます。それは負担付遺贈という方法で、ペットの世話をしてもらう代わりに、遺産の一部を贈るというものです。遺言書の中には、ペットを世話してくれる人への条件を書いておくといいでしょう。たとえば、ペットの好きな餌や、散歩の回数、定期検診や、トリミングなどです。他にも、やってもらいたいと思うことは、しっかりと書いておきましょう。もちろん、ペットを世話してくれる人と事前に十分な話し合いが必要です。いきなり遺言書に書かれても戸惑うばかりで、もしかしたら、そんなことは知らないと言って遺贈を破棄されてしまうかもしれません。そうなればせっかくの遺言書も台無しです。そうならないためにも、事前に十分な話し合いをしてください。また、負担付遺贈を受けた人が、ちゃんとペットの世話をしてくれるか見守ってもらうために、遺言執行者を指定しておくのもよいでしょう。もし、ちゃんとペットの世話をしてもらえなかった場合、遺言執行者は相当の期間を定めて履行を催告でき、それでも履行がないときは、遺言の取り消しを家庭裁判所に請求できるのです。あなたの大切なペットのためにぜひ遺言書の作成を考えてみてはどうでしょうか。

おすすめ記事ピックアップ

.
  • 書こうと思えば誰にでも作成可能?

    「遺言書なんて難しそうだな」「私には遺言書なんて必要ない」などと思っていらっしゃる方でも、遺言の意味や内容を理解して判断できる、満15歳以上の人であれば、誰にでも遺言書の作成は可能です。ぜひステキな終活ライフのためにも、遺言書にトライしてみてください!書いてみようかな、そう思われたときが、遺言書を作成するチャンスです!
  • 大事な人を把握するために、大切な人リスト

    「大切な人リストってなに?」「大切な人ならすぐに思い浮かぶから大丈夫」と思っていらっしゃる方へ、ぜひこの「大切な人リスト」の作成をお勧めします。長く生きていらっしゃる方であればあるほど、いままで出会った大勢の人たちにお世話になっていることでしょう。そんな人たちを思い出しながら、自分が大切に思っている人たちをリストにしてみましょう。遺言書を作成するときに、きっと役に立ちます。