子供のいない夫婦にお勧めする理由

keyvisual

子供がいない夫婦にお勧めする理由

子供がいない夫婦には遺言書を作成しておくことをお勧めします。その理由として、子供のいない夫婦のどちらか一方が死亡した場合、残された配偶者が全て相続できるものと思いがちですが、法律では亡くなった人の両親や兄弟姉妹も相続人となるからです。法定相続分として、亡くなった人の親が健在の場合、配偶者が3分の2で、親が3分の1となり、両親とも亡くなっていた場合、配偶者は4分の3、兄弟姉妹は4分の1の相続となります。夫婦二人でコツコツと築いてきた財産を、相手の親や、兄弟姉妹に分配しなければならないのです。また、兄弟姉妹のうち死亡している人がいた場合でも、その甥や姪が代襲相続人となるため、結局は分配しなければいけないのです。これは、法律で決まっていることなので、権利を主張されるとどうにもなりません。とくに、おもな財産が自宅不動産だけというような方は、その自宅不動産が死亡した人の名義になっていた場合、その人の財産となるため、相続の対象となります。最悪の場合、せっかく二人で購入した自宅を、財産分配のために、手放さなくてはならない事態にもなります。そうなると、残された配偶者は、伴侶を亡くし、今後の生活に不安を抱える中、生活の基盤を失うことになってしまいます。もちろん、法定相続人全員が合意して、相続を放棄してくれることもあります。しかし、一人でも権利を主張する人がいれば、話し合いはスムーズには進みません。全員の合意を得るのは簡単ではないのです。たとえ、合意を得られた場合でも、法定相続人全員と連絡を取り、書類を書いてもらったり、押印をしてもらったりと、手続きは大変です。こんな事態を避けるためにも、子供がいない夫婦には、ぜひ遺言書の作成をお勧めします。このとき、夫が先に亡くなるとは限りませんので、夫婦でお互いに遺言書を書いて交換しておくのがいいでしょう。元気なうちに、夫婦で老後のことを話し合い、その延長として、遺言書の作成をするのは、とても有意義なことではないでしょうか。

おすすめ記事ピックアップ

.
  • 書こうと思えば誰にでも作成可能?

    「遺言書なんて難しそうだな」「私には遺言書なんて必要ない」などと思っていらっしゃる方でも、遺言の意味や内容を理解して判断できる、満15歳以上の人であれば、誰にでも遺言書の作成は可能です。ぜひステキな終活ライフのためにも、遺言書にトライしてみてください!書いてみようかな、そう思われたときが、遺言書を作成するチャンスです!
  • 大事な人を把握するために、大切な人リスト

    「大切な人リストってなに?」「大切な人ならすぐに思い浮かぶから大丈夫」と思っていらっしゃる方へ、ぜひこの「大切な人リスト」の作成をお勧めします。長く生きていらっしゃる方であればあるほど、いままで出会った大勢の人たちにお世話になっていることでしょう。そんな人たちを思い出しながら、自分が大切に思っている人たちをリストにしてみましょう。遺言書を作成するときに、きっと役に立ちます。