遺言作成をお勧めする方・必要な方

keyvisual
what

遺言作成をお勧めする方・必要な方

自分が死んでしまうことなど考えたくないものですが、もしもの場合、遺言書があれば無用な争いを防ぐことができるかもしれません。とくに、子供がいない夫婦の場合、オーナー経営者をされている方の場合、ペットに遺産を残したいと考えておられる方の場合など、遺言書がないことでトラブルになるケースが多々あります。もちろんそれだけではなく、様々な問題が考えられます。そんなトラブルを回避するためにも、ぜひ、遺言書の作成をお勧めします。

子供がいない夫婦にお勧めする理由

子供がいない夫婦には遺言書を作成しておくことをお勧めします。その理由として、子供のいない夫婦のどちらか一方が死亡した場合、残された配偶者が全て相続できるものと思いがちですが、法律では亡くなった人の両親や兄弟姉妹も相続人となるからです。法定相続分として、亡くなった人の親が健在の場合、配偶者が3分の2で、親が3分の1となり、両親とも亡くなっていた場合、配偶者は4分の3、兄弟姉妹は4分の1の相続となります。夫婦二人でコツコツと築いてきた財産を、相手の親や、兄弟姉妹に分配しなければならないのです。

オーナー経営者にお勧めする理由

オーナー経営者の方には、ぜひ遺言書を作成していただくことをお勧めします。それは、オーナー経営者が亡くなったときに、その財産である事業を適切な後継者に相続させる必要があるからです。そうでない場合、法定相続分に応じて財産を分けなければならず、事業の経営、財産などの基盤を分散、弱体化させてしまう恐れがあるからです。最悪の場合、相続の問題で、事業が継続できなくなるかもしれません。せっかく築いた財産でもある事業がダメになってしまうのは、オーナー経営者の本意ではないでしょう。

ペットを飼っている方にお勧めする理由

ペットを飼っている方にはぜひ遺言書の作成をお勧めします。あなたの大切な家族でもあるペット。しかし、法律ではペットは人ではないので、遺産を相続することができないのです。どんなに大切な家族だと主張したところで、法律は認めてはくれません。では自分が死んだあと、この可愛いペットはどうなるのか、心配で仕方がないことでしょう。もちろん、最悪の場合、処分されてしまう恐れもあります。そこで、ペットを世話してくれる人に財産を残すという方法があります。

おすすめ記事ピックアップ

.
  • 書こうと思えば誰にでも作成可能?

    「遺言書なんて難しそうだな」「私には遺言書なんて必要ない」などと思っていらっしゃる方でも、遺言の意味や内容を理解して判断できる、満15歳以上の人であれば、誰にでも遺言書の作成は可能です。ぜひステキな終活ライフのためにも、遺言書にトライしてみてください!書いてみようかな、そう思われたときが、遺言書を作成するチャンスです!
  • 大事な人を把握するために、大切な人リスト

    「大切な人リストってなに?」「大切な人ならすぐに思い浮かぶから大丈夫」と思っていらっしゃる方へ、ぜひこの「大切な人リスト」の作成をお勧めします。長く生きていらっしゃる方であればあるほど、いままで出会った大勢の人たちにお世話になっていることでしょう。そんな人たちを思い出しながら、自分が大切に思っている人たちをリストにしてみましょう。遺言書を作成するときに、きっと役に立ちます。