遺言書の執行者の指定が重要です

keyvisual

正しい執行者の指定が重要、遺言の執行

遺言の執行とは、遺言者が死亡して、その遺言が効力を生じたのちに、遺言書に書かれている内容を法的に実現するために必要な、処理や手続きをすることです。普通であれば、遺言執行者または相続人が行いますが、認知の届け出、推定相続人の廃除またはその取り消しの家庭裁判所に対する申し立ては、必ず遺言執行者がしなければなりません。遺言執行者には、遺言者が遺言で指定する指定遺言執行者と、家庭裁判所が選任する選定遺言執行者があります。遺言をスムーズに実現するためには、遺言執行者を指定しておく必要があります。ただ、相続人を遺言執行者にした場合、法律の知識が乏しく、トラブルになってしまうケースがないとは限りません。そのため、遺言執行者には、第三者を選ぶ方がふさわしいでしょう。もし、遺言執行者が任務を怠った場合、その正当な事由があるときは、利害関係人の請求によって、家庭裁判所は遺言執行者を解任することができます。また、遺言執行者は、正当な事由があるときは、家庭裁判所の許可を得て、辞任することもできます。そうなると、再び、新しい遺言執行者が必要になってしまい、遺言の内容をスムーズに実現できない事態となってしまいます。そうならないためにも、遺言者自身が、信頼の置ける人物にあらかじめ相談して、遺言執行者を依頼した方がよいでしょう。もちろん、遺言書において、遺言執行者を誰にするのか、書いておく必要があります。できれば、事前にその旨を話し合った方がいいでしょう。突然、遺言書によって、遺言執行者に指定された場合、その人は、遺言の執行準備手続きをしなければいけません。主な仕事として、相続人や受遺者に、遺言執行者に就任したことを通知。相続財産をリストにして、相続人および受遺者に交付。相続財産の名義変更や解約などの管理、処分。相続人の廃除の申し立てや認知の届け出などなど、することは少なくありません。不慣れな人ならば手間取ってしまうことでしょう。そんな負担を減らすためにも、正しい執行者の指定が重要となるのです。

おすすめ記事ピックアップ

.
  • 書こうと思えば誰にでも作成可能?

    「遺言書なんて難しそうだな」「私には遺言書なんて必要ない」などと思っていらっしゃる方でも、遺言の意味や内容を理解して判断できる、満15歳以上の人であれば、誰にでも遺言書の作成は可能です。ぜひステキな終活ライフのためにも、遺言書にトライしてみてください!書いてみようかな、そう思われたときが、遺言書を作成するチャンスです!
  • 大事な人を把握するために、大切な人リスト

    「大切な人リストってなに?」「大切な人ならすぐに思い浮かぶから大丈夫」と思っていらっしゃる方へ、ぜひこの「大切な人リスト」の作成をお勧めします。長く生きていらっしゃる方であればあるほど、いままで出会った大勢の人たちにお世話になっていることでしょう。そんな人たちを思い出しながら、自分が大切に思っている人たちをリストにしてみましょう。遺言書を作成するときに、きっと役に立ちます。