遺言書は誰でも作成可能?

keyvisual

書こうと思えば誰にでも作成可能?

遺言の意味や内容を理解して判断できる、満15歳以上の人であれば、誰にでも遺言書の作成は可能です。しかし、高齢となり判断能力がなくなってから作成された遺言書は、残された親族の間で、有効無効などの争いが起きる場合があります。愛する家族が裁判で争うことほど悲しいことはありません。このような争いにならないように、遺言書は元気なうちに作成しておくことをお勧めします。遺言書は何度でも作成することが可能なので、早すぎるということはありません。もちろん、「家には財産などないので…」といわれる方でも、法廷相続人が2名以上いるときには財産分割の話し合いが必要となります。その際、遺産の配分を巡って争いが生じることがあります。とくに、おもな財産が自宅不動産だけというような方は、財産を分けるのが難しいことも多く、多額の財産がある方よりも、かえって遺産分割協議が難航することがあります。このような場合でも、遺言書が残されており、どの財産を誰が相続すると指定しておけば、無用な争いを防ぐことができます。もしあなたに家族や親族がいるのならば、遺言書を作成する価値は充分にあります。その他に、注意しなければいけないのは、内縁の妻や、子供の配偶者など、法廷相続人以外の人に財産を残そうとする場合です。必ず遺言書の作成が必要となってきます。さて、遺言書を作成する場合、遺言書は法律に定められた方式によって作成しなければいけません。遺言書は誰にでも作成可能ですが、その方法はきっちりと決められているのです。遺言書の種類として、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3つがあります。どの遺言にもメリット、デメリットがありますので、自分にとってどの遺言書の形があっているのかよく考えてみてください。遺言書とは遠い存在ではなく、もっと身近なものとして、家族や親族の顔を思い浮かべながら、一度書いてみるのもいいでしょう。もちろん、元気な間に、家族と相談しながら作成するのもいいでしょう。

おすすめ記事ピックアップ

.
  • 書こうと思えば誰にでも作成可能?

    「遺言書なんて難しそうだな」「私には遺言書なんて必要ない」などと思っていらっしゃる方でも、遺言の意味や内容を理解して判断できる、満15歳以上の人であれば、誰にでも遺言書の作成は可能です。ぜひステキな終活ライフのためにも、遺言書にトライしてみてください!書いてみようかな、そう思われたときが、遺言書を作成するチャンスです!
  • 大事な人を把握するために、大切な人リスト

    「大切な人リストってなに?」「大切な人ならすぐに思い浮かぶから大丈夫」と思っていらっしゃる方へ、ぜひこの「大切な人リスト」の作成をお勧めします。長く生きていらっしゃる方であればあるほど、いままで出会った大勢の人たちにお世話になっていることでしょう。そんな人たちを思い出しながら、自分が大切に思っている人たちをリストにしてみましょう。遺言書を作成するときに、きっと役に立ちます。