遺言書の持つ意味と作成条件

keyvisual
what

遺言の持つ意味と作成条件

遺言を残すことには、2つの意味があると思われます。「残された人たちのため」「自分のため」です。自分が死んだあと、残される大切な家族や親族のために遺言書を作成するのは、とても重要なことです。それとは別に、自分のために遺言書を作成することも大切だと考えられます。それは、自分の人生を振り返ることにより、残りの人生を充実したものにできるからです。遺言書を作成するには、様々な決まりごとがありますので、一度調べてみるのもいいでしょう。

どこまでの事ができる?遺言によって可能な事

遺言書にはどんなことも書くことができますが、その全てが法的に効力があるわけではありません。遺言にはできることと、できないことがあるのです。なにができるのか?なにができないのか?知っておくと、遺言書を作成するときに参考になるでしょう。主に、できることを具体的に紹介していきます。ただ、たとえ、できないことを書かれたとしても、法的には効力はありませんが、遺言者の意思として、尊重してもらえることはあるでしょう。

書こうと思えば誰にでも作成可能?

遺言の意味や内容を理解して判断できる、満15歳以上の人であれば、誰にでも遺言書の作成は可能です。いざというとき、もしもの場合に、残された大切な家族に、争いが怒らないためにも、遺言書を作成しておくことをお勧めします。遺言書とは、我々から遠い存在ではなく、もっと身近なものとして、家族や親族の顔を思い浮かべながら、一度書いてみるのもいいでしょう。もちろん、元気な間に、家族と相談しながら、作成するのもいいでしょう。

正しい執行者の指定が重要、遺言の執行

遺言の執行とは、遺言者が死亡して、その遺言が効力を生じたのちに、遺言書に書かれている内容を法的に実現するために必要な、処理や手続きをすることです。普通であれば、遺言執行者または相続人が行いますが、認知の届け出、推定相続人の解除またはその取り消しの家庭裁判所に対する申し立ては、必ず遺言執行者がしなければなりません。遺言をスムーズに実現するためにも、トラブルを避けるためにも、遺言執行者を指定しておく必要があります。

おすすめ記事ピックアップ

.
  • 書こうと思えば誰にでも作成可能?

    「遺言書なんて難しそうだな」「私には遺言書なんて必要ない」などと思っていらっしゃる方でも、遺言の意味や内容を理解して判断できる、満15歳以上の人であれば、誰にでも遺言書の作成は可能です。ぜひステキな終活ライフのためにも、遺言書にトライしてみてください!書いてみようかな、そう思われたときが、遺言書を作成するチャンスです!
  • 大事な人を把握するために、大切な人リスト

    「大切な人リストってなに?」「大切な人ならすぐに思い浮かぶから大丈夫」と思っていらっしゃる方へ、ぜひこの「大切な人リスト」の作成をお勧めします。長く生きていらっしゃる方であればあるほど、いままで出会った大勢の人たちにお世話になっていることでしょう。そんな人たちを思い出しながら、自分が大切に思っている人たちをリストにしてみましょう。遺言書を作成するときに、きっと役に立ちます。