秘密証書遺言の特徴と作成方法

keyvisual

秘密証書遺言の特徴と作成方法

秘密証書遺言の特徴は、遺言書の内容を秘密にしたまま、公証役場での公証人による公証の手続きができるということです。メリットとして、遺言書の内容を秘密にでき、その遺言書の存在を証明してもらえるということです。デメリットとしては、公証人の利用による費用や、面倒な手続きが必要ということ。内容が秘密のままなので、遺言書に不備があった場合無効となる恐れがある。家庭裁判所での遺言書検認手続きを受けなければいけない。また自分で保管するため、隠匿や紛失などがあるかもしれません。以上の点を踏まえたうえで、作成の方法ですが、まず、現在の財産を、誰にどれだけ相続させるのかメモにまとめます。その際、不動産の登記簿謄本など必要な書類も用意します。それを遺言書の文例集などを参考にして、下書きを作成します。下書きに間違いや漏れなどがないことをよく確認し、それでよければ、正式な遺言書を書きます。遺言書は直筆や代筆、ワープロなどで作成します。日付は必ず必要ではありません。もし書き損じなどあった場合は、全て書きなおすのがよいでしょう。訂正の方法が間違っていれば無効となるからです。最後に自分の名前だけは直筆で書いて、印鑑を押します。印鑑は実印がよいですが、認印でも構いません。そうして完成した遺言書は、できれば一度専門家に確認してもらうのがいいでしょう。遺言書は大きめの封筒に入れ、押印したのと同じ印鑑で封印をします。その後、証人2人を決め、一緒に公証役場へと行きます。事前に公証役場へ電話をして日時を予約しましょう。予約当日、証人2人と共に公証役場へと行き、秘密証書遺言を入れた封筒を公証人に提出します。このとき、遺言者と証人2人は、本人であることが証明できる免許証などを必ず持参してください。公証人、遺言者、証人2人がそれぞれ署名、押印を行います。作成費用を支払い、現物は遺言者本人が持ち帰ります。遺言書は、自分で保管するか、遺言執行者などに預けておきます。もし自分で保管する場合は、死後に発見されないことがありますので、配偶者などに保管場所を知らせておく方がいいでしょう。

おすすめ記事ピックアップ

.
  • 書こうと思えば誰にでも作成可能?

    「遺言書なんて難しそうだな」「私には遺言書なんて必要ない」などと思っていらっしゃる方でも、遺言の意味や内容を理解して判断できる、満15歳以上の人であれば、誰にでも遺言書の作成は可能です。ぜひステキな終活ライフのためにも、遺言書にトライしてみてください!書いてみようかな、そう思われたときが、遺言書を作成するチャンスです!
  • 大事な人を把握するために、大切な人リスト

    「大切な人リストってなに?」「大切な人ならすぐに思い浮かぶから大丈夫」と思っていらっしゃる方へ、ぜひこの「大切な人リスト」の作成をお勧めします。長く生きていらっしゃる方であればあるほど、いままで出会った大勢の人たちにお世話になっていることでしょう。そんな人たちを思い出しながら、自分が大切に思っている人たちをリストにしてみましょう。遺言書を作成するときに、きっと役に立ちます。