公正証書遺言の特徴と作成方法

keyvisual

公正証書遺言の特徴と作成方法

公正証書遺言の特徴としまして、この遺言書は公証役場で公証人によって作成されるので、法律的に有効な遺言を間違いなく残せるということです。作成された遺言書は、公証役場で保管されるので、改ざんや紛失の恐れはありません。また、直筆証書遺言では必要な家庭裁判所による検認手続きも不要です。ただし、デメリットとして、公証人が関与する上に2名の証人が必要となるため、遺言書の内容を完全に秘密にすることができません。その上、公証人の費用がかかるので気軽に作成し直すこともできません。以上の点を踏まえたうえで、さて、作成の方法ですが、まず、現在の財産を、誰にどれだけ相続させるのか、遺言執行者を誰に頼むのかなどをメモにまとめます。その際、不動産の登記簿謄本など必要な書類も用意します。そうして遺言書の文例集などを参考にして、下書きを作成します。下書きに間違いや漏れなどがないことをよく確認し、それでよければ、証人を2人を決め、一緒に公証役場へと行きます。事前に公証役場へ電話し、公正証書遺言の作成日時を予約して、必要書類などを確認してください。直接出向いて確認するとより分かりやすいでしょう。そのとき、遺言の内容や資産の内訳などを説明し、遺言公正証書作成手数料の概算を計算してもらい、不足している必要書類を準備します。この時、不明に思っている点や、悩んでいることがあれば、公証人に相談しましょう。公証人はアドバイスなど適切な手助けをしてくれます。その後、予約した日時に証人2人と共に公証役場に行きます。遺言者は必要書類と実印、証人2人は身元の分かる免許証などと認印を持って行きます。遺言者は、公証人の前で、口頭で遺言の内容を述べます。用意しておいたメモを渡すのもいいでしょう。公正証書原本への記載内容を確認して、遺言者と証人2人が署名、押印をします。そして、遺言公正証書の正本と謄本を受け取り、費用を支払います。受け取った正本、謄本の一方は、配偶者や遺言執行者などに預けておきましょう。

おすすめ記事ピックアップ

.
  • 書こうと思えば誰にでも作成可能?

    「遺言書なんて難しそうだな」「私には遺言書なんて必要ない」などと思っていらっしゃる方でも、遺言の意味や内容を理解して判断できる、満15歳以上の人であれば、誰にでも遺言書の作成は可能です。ぜひステキな終活ライフのためにも、遺言書にトライしてみてください!書いてみようかな、そう思われたときが、遺言書を作成するチャンスです!
  • 大事な人を把握するために、大切な人リスト

    「大切な人リストってなに?」「大切な人ならすぐに思い浮かぶから大丈夫」と思っていらっしゃる方へ、ぜひこの「大切な人リスト」の作成をお勧めします。長く生きていらっしゃる方であればあるほど、いままで出会った大勢の人たちにお世話になっていることでしょう。そんな人たちを思い出しながら、自分が大切に思っている人たちをリストにしてみましょう。遺言書を作成するときに、きっと役に立ちます。