大切な人に贈る遺言作成ガイド

keyvisual

遺言が書ける元気なうちにメッセージを残したい、そんなあなたに。

遺言の意味や内容を理解して判断できる、満15歳以上の人であれば、誰にでも遺言書の作成は可能です。遺言書にはどんなことも書くことができますが、その全てが法的に効力があるわけではありません。遺言にはできることと、できないことがあるのです。なにができるのか?なにができないのか?知っておくと、遺言書を作成するときに参考になるでしょう。

カテゴリ一覧

.

遺言の持つ意味と作成条件

遺言を残すことには、2つの意味があると思われます。「残された人たちのため」「自分のため」です。自分が死んだあと、残される大切な家族や親族のために遺言書を作成するのは、とても重要なことです。それとは別に、自分のために遺言書を作成することも大切だと考えられます。それは、自分の人生を振り返ることにより、残りの人生を充実したものにできるからです。遺言書を作成するには、様々な決まりごとがありますので、一度調べてみるのもいいでしょう。

遺言の種類と作成方法

遺言書は誰にでも作成可能ですが、その作成方法はきっちりと決められています。遺言書を作成する場合、遺言書は法律に定められた方式によって作成しなければいけません。もしこれに反する遺言書は無効となってしまいます。遺言書の種類として、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3つがあります。どの遺言にもメリット、デメリットがありますので、自分にとってどの遺言書の形があっているのかよく考えて作成してください。

遺言を作成する上で必要なもの

遺言書を作成する上で必要なものがあります。それは、大事な人を把握するための「大切な人リスト」、自分のもっている財産を把握するための「財産目録」、そして、遺言として認められるため必要な「書類」です。これらは、遺言書を作成する前に、準備しておくとよいでしょう。いきなり遺言書を作成するのではなく、自分の持っている財産を書き出してまとめてみたり、財産を残す相手をリストにしてみたり、じっくりと考えてみることが重要です。

遺言作成をお勧めする方・必要な方

自分が死んでしまうことなど考えたくないものですが、もしもの場合、遺言書があれば無用な争いを防ぐことができるかもしれません。とくに、子供がいない夫婦の場合、オーナー経営者をされている方の場合、ペットに遺産を残したいと考えておられる方の場合など、遺言書がないことでトラブルになるケースが多々あります。もちろんそれだけではなく、様々な問題が考えられます。そんなトラブルを回避するためにも、ぜひ、遺言書の作成をお勧めします。

おすすめ記事ピックアップ

.
  • 書こうと思えば誰にでも作成可能?

    「遺言書なんて難しそうだな」「私には遺言書なんて必要ない」などと思っていらっしゃる方でも、遺言の意味や内容を理解して判断できる、満15歳以上の人であれば、誰にでも遺言書の作成は可能です。ぜひステキな終活ライフのためにも、遺言書にトライしてみてください!書いてみようかな、そう思われたときが、遺言書を作成するチャンスです!
  • 大事な人を把握するために、大切な人リスト

    「大切な人リストってなに?」「大切な人ならすぐに思い浮かぶから大丈夫」と思っていらっしゃる方へ、ぜひこの「大切な人リスト」の作成をお勧めします。長く生きていらっしゃる方であればあるほど、いままで出会った大勢の人たちにお世話になっていることでしょう。そんな人たちを思い出しながら、自分が大切に思っている人たちをリストにしてみましょう。遺言書を作成するときに、きっと役に立ちます。